ご自宅からご出棺いたしました

2020/02/14 ブログ
logo

 ご自宅で養生されていた女性は、

「万が一の時は、このままここから出ていきたいなぁ。」と、常々仰っていたそうで、

ご家族様も快諾し、その後、ご逝去の日を迎えました。

故人様がおやすみ頂いている間、ご親戚様はもちろん、ご近所の方々も、

ゆっくりとお別れが出来たそうでございます。

火葬当日は、ご近所の方々がお見送りいただくなか、お親族様と共に、

故人様は火葬場へ向かいました。

 昨今、お葬儀の形態が多様化しておりますが、どんなお葬儀であっても、

故人の「死」と自分の「生」との間に繋がりを見つけること、故人を想うことが、

悲しみから立ち直るきっかけになることでしょう。